読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ『舞音-MANON-』がこんなにも好きなのか

私、舞音が好きなんですよ。 自分でも不思議なくらいに。ちなみに、まさお節ついてはアンチといえるほどに苦手でして…。 前評判もぶっちゃけ良くなかったし、きりやん退団後の月組に思い入れもなかったしで(すみません…)、本当に軽い気持ちでの観劇だった…

【私には】月組 NOBUNAGA−下天の夢−【無理だ】

*この記事は、この作品が好きな人には不快な表現が多いので、該当する人は読まない方がいいです…。 *私の怒りの矛先は演者でなく作り手に向いています。 いやね、私は歴史好きだけど、今回の「NOBUNAGA」には「星逢」のようなディティールや趣は求めてない…

私の好きな宝塚〜男役

いろいろ掘り下げて考えてみると、なんだかんだで宝塚にはまった一番最初のきっかけは男役なんだよな~。 元々、自分が高校演劇で男役をやるにあたって女が演じる男の参考に某動画サイトで宝塚の動画を見たのがきっかけだった。 定期的に削除祭りされてるの…

情緒不安定になる「ガイズ&ドールズ」雑感(11月7日(土)観賞)

観劇後の第一声が「これ映画だったら絶対見たあと怒るやつだよね…」 星組子は魅力的だった。みっちゃんは元々大好きだし、ふーちゃんは噂通りの可愛さだし、べには進化してたし、まさこはデカイし、しーらんは相変わらず好きだし。 でも、ストーリーがあま…

歴女的?星逢一夜の感想(10月3日(土))

いやー、観終わったあと「七人の侍」が観たくなりました。たぶん、米をめぐる争いに村人が勝つパターンの作品が観たくなったんでしょうね。 以下、考察というか感想をだらだら…。藩主の子息・紀之介 櫓で村の子どもたちと遊ぶ紀之介は、いつもどこかに「他の…

私の好きな宝塚~理不尽な世界

宝塚の魅力のひとつには、理不尽な人事が挙げられるのではないかと思う。 トップスターというのは、必ずしも実力と人気のあるジェンヌがなるものでもない。 言い換えると、実力と人気が備わっていてもトップになれるとは限らない。 これは、現実を生きる私た…